人気のホワイトニング歯磨き粉のおすすめ3選【自宅で歯を白くする方法】

人気のホワイトニング歯磨き粉のおすすめ3選【自宅で歯を白くする方法】
  • ホワイトニングしたいけど歯医者に通うのはめんどくさい
  • 自分でホワイトニングしても効果ある?
  • 何があれば自宅でホワイトニングできる?

歯を白くしたいと思っても、歯科医院に行くのは面倒です。しかも歯科医院でのホワイトニングは高額。自宅でのホワイトニングを検討する人は多いです。

この記事では、自宅で歯をホワイトニングする方法を解説します。記事を読めば、歯科医院に通わなくても歯を白くする方法が分かります

歯科医院で歯の型を取ってマウスピースを作れば、自宅でもホワイトニングが可能です。薬剤をマウスピースに入れて使用しましょう。

おすすめのホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!

商品はははのは
はははのは
パールホワイトプロEXプラス
パールホワイトプロ
EXプラス
ちゅらトゥースホワイトニング
ちゅらトゥース
ホワイトニング
価格(税込)定期初回1,980円(送料無料)※初月解約OK定期初回1,980円(送料無料)※3回以上の継続が条件定期初回1,980円(送料無料)※全額返金保証つき
有効成分ポリリン酸ナトリウム(着色汚れ)、メタリン酸ナトリウム(着色汚れ)、パパイ(着色汚れ)、ソープナッツ(着色汚れ)ポリリン酸ナトリウム(着色汚れ)、メタリン酸ナトリウム(着色汚れ)、リンゴ酸(黄ばみ・油汚れ)、薬用IPMP(歯周病予防)ポリアスパラギン酸(着色汚れ)、リンゴ酸(着色汚れ)、ビタミンC(着色汚れ)、GTO(むし歯リスクを大幅軽減)
その他成分ラクトフェリン(口内環境正常化)、米ぬかエキス(洗浄)、重曹(洗浄)、ハッカ油(口臭予防)、その他完全無農薬の10種類のオーガニック成分(うるおい・保護)シャクヤク、ノバラ、ホップ、ビワ葉、メントール(口臭予防)などの天然由来成分アラントイン(歯肉炎予防)、シメン-5-オール(口臭予防)
添加物着色料、研磨剤、パラベン、合成界面活性剤、漂白剤、発泡剤などすべて不使用合成着色料、研磨剤、漂白剤、発泡剤などすべて不使用研磨剤、漂白剤、動物由来原料、発泡剤、人工甘味料、パラベン、合成ポリマーなどすべて不使用
使い方歯磨き粉の代わりに使用歯磨き後に本品でブラッシング歯磨き後に本品でブラッシング
その他製薬会社と共同開発医薬部外品、製薬会社と共同開発、累計販売本数100万本突破!医薬部外品
おすすめする人手軽さと安心安全を重視効果が認められた医薬部外品を使いたい効果が認められた医薬部外品を使いたい・虫歯予防もしたい
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

はははのは

はははのは

無添加+オーガニックへのこだわり!

定期初回:1,980円(税込)/1個
2回目以降:2,962円(税込)/2個

※初月解約OK

オーガニック成分を配合するホワイトニング歯磨き粉「はははのは」。ホワイトニング成分である「ポリリン酸ナトリウム」と「メタリン酸ナトリウム」を配合しています。お得な定期便は回数縛りがないので、安心してお試しできます。

価格
定期便は初回1箱1,980円(税込)、2回目以降は2箱2,962円(税込)です。ホワイトニング歯磨き粉の中ではトップクラスの低価格に設定されています。通常価格が3,675円(税込)なので、定期便がおすすめ。購入の回数縛りはなく、1回限りの利用でもOKです。
配合成分
ホワイトニング成分「ポリリン酸ナトリウム」「メタリン酸ナトリウム」を配合。天然のホワイトニング成分「パパイン」と「ソープナッツ」も配合しています。
安全面
無添加+オーガニックへのこだわりがあり、低刺激。安全面が気になる人でも安心です。
使い方
普段の歯磨き粉の代わりに使ってください。明日から使い始めても違和感はありません。
こんな人におすすめ
安全面を重視する人や、低価格でお試ししたい人におすすめです。

パールホワイトプロEXプラス

パールホワイトプロEXプラス

3つの美白成分+薬用成分!

定期初回:1,980円(税込)
2回目以降:5,980円(税込)

※3回の継続必須

製薬会社と共同開発した医薬部外品のホワイトニング歯磨きジェル「パールホワイトプロEXプラス」。黄ばみ、黒ずみ、むし歯、口臭、歯周病、歯槽膿漏などの予防に効果があります。お客様満足度は94.6%です。

価格
通常価格8,770円(税込)のところ、定期は初回1,980円(税込)、2回目以降は5,980円(税込)です。ただし、定期便の初回割引は3回継続が条件。最低でも13,940円は必要です。しかし、3ヶ月は継続しないと効果を実感できません。定期便で3ヶ月使うと、1ヶ月あたり約4,647円(税込)で利用できます
配合成分
黄ばみ、黒ずみ、むし歯、口臭、歯周病、歯槽膿漏などの予防に効果がある成分が配合されています。
使い方
歯磨きをした後「パールホワイトプロEXプラス」を使ってブラッシングしてください。
こんな人におすすめ
価格よりも効果を重視する人や、コーヒーやタバコのヤニなどの頑固な着色汚れが気になる人におすすめです。

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニング

全額返金保証つきで安心!

定期初回:1,980円(税込)
2回目以降:4,980円(税込)

モンドセレクションで金賞を受賞した、ホワイトニング歯磨き粉「ちゅらトゥースホワイトニング」。ホワイトニング成分「ポリアスパラギン酸」を配合しています。むし歯のリスクを減らす「GTO」も配合されており、ホワイトニングとむし歯予防の両方をしたい人におすすめです。

価格
通常価格5,980円(税込)のところ、定期初回1,980円(税込)、2回目以降4,980円(税込)です。定期便に購入の回数縛りはありません。30日間の全額返金保証もついており、安心してお試しできます
配合成分
ホワイトニング成分「ポリアスパラギン酸」を配合。むし歯予防に効果のある「GTO」や、着色汚れ、歯周病予防、口臭予防に効果のある成分も配合されています。
使い方
歯磨き後に「ちゅらトゥースホワイトニング」でブラッシングしてください。
こんな人におすすめ
全額返金保証つきの商品でお試ししたい人や、歯肉炎やむし歯も気になる人におすすめです。

歯のホワイトニングとは?

ホワイトニングは、歯の明るさを上げて白くする手法です。歯の表面や内部の色素を分解することで白くなります。

ホワイトニングをしても歯が不自然に白くなることはありません。あくまでも歯の明るさを上げるだけだからです。陶器のような白さにしたいなら、マニキュアやセラミックを行いましょう。

ホワイトニングは世界中で行われる

ホワイトニングはあらゆる研究機関で安全性が確認されています。1989年にアメリカで実用化されました。今では世界中で多くの人がホワイトニングをしています。

歯医者や自宅でできる歯のホワイトニングの種類

歯医者や自宅で行う歯のホワイトニングには、以下6つの種類があります。それぞれの特徴を理解して、適した方法を選んでください。

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング
  • インターナルブリーチ
  • OTCホワイトニング
  • セルフ式ホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う方法です。医薬品のホワイトニング剤を歯に塗った後、光を当てて白くします。

オフィスホワイトニングは大きく分けて2つです。

  • 1回で白くする
  • 徐々に白くしていく

歯に当てる光はLEDライトが多いです。ハロゲンライトやレーザーを使うことは少なくなりました。

費用相場

1回で白くするオフィスホワイトニングの費用相場は、1回1〜2時間で30,000〜60,000円です。歯の本数と効果によって幅があります。

徐々に白くするオフィスホワイトニングの費用相場は、前歯上下12本で1回約10,000円です。ただし、白くなるまで何回も行う必要があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは自宅で行う方法です。ホワイトニング剤を入れたマウスピースを使います。使用するマウスピースは「歯科医院で作るタイプ」と「市販の簡易型タイプ」の2つです。

費用相場

ホームホワイトニングの費用相場は、上下で15,000〜50,000円です。マウスピースの形状や濃度、ジェルの本数で違います。

マウスピースを毎回購入する必要はありません。追加のジェル代、2,000〜5,000円ほどでホワイトニングを続けられます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせた方法です。抗生物質の影響で歯が変色した場合や、かなり白くしたい場合に利用します。

費用相場

デュアルホワイトニングの費用相場は、45,000〜110,000円です。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2つの料金がかかります。ホワイトニングの中でもっとも料金の高い方法です。

インターナルブリーチ

インターナルブリーチは、神経のない歯に行う方法です。神経を取った穴にホワイトニング剤を入れて歯を白くします。

インターナルブリーチの種類は以下の3つです。

ウォーキングブリーチ
歯の中にホワイトニング剤を封入する
インターナルオフィスブリーチ
歯科医院で光を当てる
インターナルホームブリーチ
歯に穴をあけたまま自宅で行う

費用相場

インターナルブリーチの費用相場は、種類によって違います。ウォーキングブリーチは1本10,000円〜15,000円。インターナルオフィスブリーチは40,000〜70,000円。インターナルホームブリーチは、25,000〜60,000円です。

OTCホワイトニング

OTCホワイトニングは市販品を使って行う方法です。歯科医院ではなく自分で行います。

市販品は医薬品のホワイトニング剤を配合することが認められていません。歯科医院で使われるホワイトニング剤に比べて効果は弱いです。

市販のホワイトニング剤は、ドラッグストアやバラエティショップなどで購入できます。

費用相場

歯磨きタイプ・ジェルタイプは1本1,000〜3,000円。LEDライトを使用するホワイトニングキットタイプは5,000円〜10,000円です。

セルフ式ホワイトニング

セルフ式ホワイトニングは自分で行う方法です。自分でホワイトニング剤を塗り、自分で光を当てます

セルフ式ホワイトニングは、事前に使用説明を受けなければいけません。セルフ式ホワイトニングを行う施設は以下のとおりです。

  • 美容院
  • 整体院
  • ホワイトニングサロン
  • エステティックサロン

セルフ式ホワイトニングでは、医薬品のホワイトニング剤の使用ができません。歯科医院ではないからです。

セルフ式ホワイトニングは表面の着色を分解して落とします。使用する成分はポリリン酸や酸化チタン、化粧品などです。

費用相場

セルフ式ホワイトニングの費用相場は、1回あたり3,000〜5,000円です。サロンごとに違います。

自宅で歯を白くする方法

自宅でホワイトニングする方法は以下のとおりです。

  1. 歯科医院で歯の型を取る
  2. マウスピースを作製する
  3. 薬剤をマウスピースに入れて使用する

自宅でホワイトニングすると以下のメリットがあります。

  • 歯科医院に行く必要がない
  • 自分のペースでホワイトニングできる
  • 寝ているときでもホワイトニングできる

ただし、結婚式などで早く歯を白くしたい場合には向きません。歯科医院で行うホワイトニングよりも効果が弱いからです。期限を設けずに歯を白くしたい人のみ、自宅でのホワイトニングを検討しましょう。

海外製はおすすめしない

海外製のホワイトニング剤を使うのはおすすめできません。海外製のホワイトニング剤は高濃度で危険だからです。

誤った使い方をしたことで歯茎・のどの炎症、歯茎が下がるなどの事例があります。歯に合わないマウスピースを使うと、薬剤の流出量が多くなることも…。海外製のホワイトニング剤を使う場合は、医師に相談してください。

色の濃い飲食物に注意する

ホワイトニングをした後は色の濃い飲食物をなるべく控えてください。気をつけるべき飲み物は以下のとおりです。

  • 紅茶
  • コーラ
  • コーヒー
  • 赤ワイン
  • ウーロン茶

以下の食べ物にも注意しましょう。

  • カレー
  • キムチ
  • ベリー類
  • ケチャップ
  • チョコレート

漢方薬やうがい薬などにも注意が必要です。女性の場合、口紅が歯につかないように気をつけてください。

ただし、完全に色の濃い飲食物を避けるのは難しいです。色の濃い飲食物を口に入れたときは、早めに歯磨きをしましょう。歯磨きができない場合はうがいをしてください。歯磨きせずに寝るのはNGいけません。

歯を白く保つにはお手入れが重要

ホワイトニングで白くした歯を保つためにも、お手入れは欠かせません。ホワイトニングで白くなったといっても、時間が経つと色が戻るからです。

多くの場合、半年ほどで色が戻り始めます。何も手入れをしないと、2年ほどで元の歯の色へ戻ることに…。嗜好品や食生活によって、色が戻るまでの期間は違います。

毎日の歯磨きには、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用しましょう。普通の歯磨き粉を使うよりも、歯の白さを保てます。1本ずつ丁寧に磨くのがコツです。

週1回程度、ステイン除去用のペーストを使うのもおすすめです。ただし色素除去能力が高いので、毎日使うのは控えてください。電動歯ブラシで使用するのもいけません。

おすすめのホワイトニング歯磨き粉は「はははのは」

はははのは

自宅でホワイトニングしたい人におすすめなのが「はははのは」。ホワイトニング成分「ポリリン酸ナトリウム」と「メタリン酸ナトリウム」を配合したホワイトニング歯磨き粉です。

「はははのは」はオーガニック成分と無添加にこだわっています。低刺激なので、安全面が気になる人でも安心して利用できます。

使い方は今の歯磨き粉の代わりに使うだけ。違和感なく日常生活に溶け込みます。

定期購入なら、初回限定で1箱1,834円(税込)。定期購入に回数縛りはありません。合わないと思ったら、1回だけの購入でも解約できます。自宅でのホワイトニングを検討している人は「はははのは」を試してみましょう。