おすすめの家庭用脱毛器を徹底比較【自宅で手軽に脱毛したい人必見】

おすすめの家庭用脱毛器を徹底比較【自宅で手軽に脱毛したい人必見】
  • うぶ毛やムダ毛が気になる
  • 脱毛サロンに行く時間がない
  • 自宅で手軽に脱毛したい

忙しい人や手軽に脱毛したい人で、家庭用脱毛器を検討する人は多いです。サロンに行かなくても自宅でムダ毛をケアできます。しかし家庭用脱毛器の種類は多く、何を選ぶべきか迷う人も。

この記事では、おすすめの家庭用脱毛器を紹介します。記事を読めば、あなたが選ぶべき家庭用脱毛器がわかります

脱毛ラボ ホームエディション 2nd

PR

全国に展開する脱毛サロンが開発した「脱毛ラボ ホームエディション 2nd」。顔やわきなど全身48ヶ所に照射可能。脱毛後は、照射口そのものが冷える直接冷却で肌をしっかりケアします。

おすすめの家庭用脱毛器を徹底比較

本記事における「家庭用脱毛器」とは、医療機器とは異なり自宅でケアできる脱毛器のことです。

商品脱毛ラボ ホームエディション 2nd脱毛ラボ ホームエディション 2ndレイボーテ Rフラッシュ ハイパー プロレイボーテ Rフラッシュ ハイパー プロOPUS BEAUTY 03 PowerProOPUS BEAUTY 03 PowerProシルクエキスパート Pro5 PL5014シルクエキスパート Pro5 PL5014ケノンケノン
価格(税込)71,478円82,500円39,800円49,800円69,800円
最大照射回数45万回100万回35万回40万回300万回
1照射当たりの価格0.15円0.08円0.11円0.12円0.02円
脱毛方式フラッシュ式ローラー式フラッシュ式フラッシュ式フラッシュ式
照射面積3.3平方cm9.24平方cm3平方cm非公表7.0平方cm
脱毛可能部位顔・うなじ・背中・わき・お腹・VIO・お尻・脚など48ヶ所顔・わき・腕・脚・VIOなど顔・わき・脚・VIOなど顔・うなじ・背中・わき・お腹・VIO・脚など顔・うなじ・背中・わき・お腹・VIO・脚など
カートリッジの交換可能可能
出力調整5段階5段階5段階10段階10段階
冷却機能ありあり
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

脱毛ラボ ホームエディション 2nd

脱毛ラボ ホームエディション 2nd

脱毛サロン「脱毛ラボ」が開発した家庭用脱毛器

71,478円(税込)

全国に展開する脱毛サロンが開発した「脱毛ラボ ホームエディション 2nd」。サロンで使用しているマシンより出力が高く設定し、家庭でも効果的に脱毛できるよう設計されています。照射口そのものが冷える直接冷却で脱毛後の肌をケアできるのも特徴です。顔・うなじ・わき・お腹など全身48ヶ所に照射可能。2~8週間を目安にお手入れしましょう。徐々に毛が目立たなくなってきます。

価格
本体価格71,478円(税込)です。月々2,979円(税込)の分割払いにも対応しています。
脱毛可能部位
顔・うなじ・胸・背中・わき・ひじ・お腹・VIO・お尻・ひざ下など全身48ヶ所の脱毛が可能です。
保証
1年間無料交換保証付き
おすすめな人
有名脱毛サロンの家庭用脱毛器を試してみたい人、初めて家庭用脱毛器を使う人におすすめです。

レイボーテ Rフラッシュ ハイパー プロ

レイボーテ Rフラッシュ ハイパー プロ

照射口9.24平方cmで広範囲に照射可能

82,500円(税込)

1回の照射で広範囲に当てられる「レイボーテ Rフラッシュ ハイパー プロ」。9.24平方cmもの広い照射口により、効率良く脱毛できます。ローラーヘッド・スポットヘッド・LEDヘッドの3つがあり、照射部位に応じてヘッド(カートリッジ)を取り換えられるのが魅力です。3つのカートリッジ合わせて100万回の照射が可能。1照射当たりの値段も安く、コスパが良い家庭用脱毛器と言えます。

価格
本体価格82,500円(税込)です。3つのヘッドを合わせると100万回の照射が可能なので、1照射当たり0.08円で利用できます
脱毛可能部位
顔・わき・腕・脚・VIOなどに照射可能です。男性のヒゲ脱毛にも使えます。
保証
90日間の全額返金保証付き。
おすすめな人
コスパが良い家庭用脱毛器を探している人におすすめです。

OPUS BEAUTY 03 PowerPro

OPUS BEAUTY 03 PowerPro

瞬間2.4℃の冷却で肌をケア

39,800円(税込)

照射面を瞬間2.4℃で冷却して肌をケアできる「OPUS BEAUTY 03 PowerPro」。痛みを極限まで抑えられます。業務用脱毛器メーカーとの共同開発されたモデルです。THR方式と呼ばれる照射方法で、肌内部にしっかり光を届けます。自宅でサロンレベルのケアを体感できる家庭用脱毛器です。

価格
本体価格39,800円(税込)です。
脱毛可能部位
顔・わき・脚・VIOなどに照射できます。ジュニアモード・ノーマルモード・パワーモードの3つを搭載。子供や男性も使えるだけでなく、照射部位に合わせてモードを変更できます。
保証
特になし。
おすすめな人
サロンレベルの家庭用脱毛器を試してみたい人におすすめです。

シルクエキスパート Pro5 PL5014

シルクエキスパート Pro5 PL5014

0.5秒の照射感覚で手軽にケア

49,800円(税込)

0.5秒の照射感覚で手軽にケア「シルクエキスパート Pro5 PL5014」。忙しい人でも手軽に脱毛できます。1平方cm当たり最大6Jのパワーで照射可能です。肌の色を読み取り自動でパワーを調節する機能を搭載。10段階もの変化と出力の高さにより、最適な出力で効率良くケアできます

価格
Amazonでは49,800円(税込)で販売されています。
脱毛可能部位
顔・うなじ・背中・わきお腹・VIO・脚などに使用可能です。
保証
特になし。
おすすめな人
自動で出力を調整してくれる家庭用脱毛器を探している人におすすめです。

ケノン

ケノン

肌に優しい家庭用脱毛器

69,800円(税込)

肌に優しい家庭用脱毛器「ケノン」。一瞬で最高点に到達する特殊技術を採用し、熱による肌への負担を抑えます。照射口のフィルターは、大手コンタクトレンズメーカーのHOYAが製造。肌に優しい光が照射されます。照射面積は7.0平方cmと、1回の照射で広範囲のケアが可能です。レビュー数も多く、amazon脱毛器ほしいもランキングNo.1など数々の実績を獲得。人気の家庭用脱毛器を試してみたい人にぴったりです。

価格
本体価格69,800円(税込)です。出力レベル1なら300万回照射可能。1照射当たり0.02円と抜群のコスパを誇ります。
脱毛可能部位
顔・うなじ・背中・わきお腹・VIO・脚などに使用可能です。
保証
2年保証付き。
おすすめな人
人気の家庭用脱毛器を使ってみたい人におすすめです。

家庭用脱毛器の選び方のポイント

家庭用脱毛器を選ぶポイントは以下の通りです。購入して後悔をしないように参考にしてください。

  • 脱毛方式
  • 使いやすさ
  • 照射面積
  • 冷却機能
  • 照射レベル
  • 脱毛したい部位に使えるか
  • ランニングコスト
  • アフターフォロー

脱毛方式

家庭用脱毛器を選ぶ時、脱毛方式はポイント。脱毛方式によって痛みの程度やケアできる面積が異なります。以下の脱毛方式を参考にして、自分に合った脱毛器を選びましょう。

  • フラッシュ式
  • レーザー式
  • ローラー式
  • 超音波式

フラッシュ式

フラッシュ式は毛のメラニン色素に反応する光を照射して、毛根にダメージを与えます。痛みが少なく広範囲の部位をスピーディーにケアをします。

ただし、うぶ毛のような細い毛の脱毛は難しく、効果の実感に時間がかかるのがデメリット。肌のキメを整えるなど、美肌ケアもできる商品があるため、美肌効果を期待する人におすすめです。

初心者はフラッシュ式がおすすめ

家庭用脱毛器を初めて使う人はフラッシュ式がおすすめです。フラッシュ式は痛みを感じにくいだけでなく、全身ムラなくケアができるからです。毛のメラニン色素に反応する光を照射して、毛根にダメージを与えるのがフラッシュ式の特徴。産毛などの薄い毛には反応しづらいため、クリニックで脱毛経験がある人は物足りなさを感じる可能性があります。

レーザー式

脱毛の効果が実感しやすいレーザー式。フラッシュ式より毛のメラニン色素に与えるダメージが大きいため、脱毛効果をサポートできます。

医療脱毛で使用されているレーザーの出力を抑えて、家庭用にした脱毛器がレーザー式です。フラッシュ式より痛みを感じやすい傾向にあり、VIOのようなデリケートな部位の脱毛には不向き。

ピンポイントでケアができるため、指の毛やうなじなど狭い範囲の脱毛をしたい人におすすめです。ただし照射範囲が狭いためケアと時間にコストがかかりやすいです。

ローラー式

ローラー式はヘッドに毛を挟み込むローラーがついています。ローラーで毛を挟み込み肌を滑らせて、毛根からムダ毛を除去するタイプ。

レーザー式より安い商品が多いです。できるだけコストを抑えたい人におすすめ。ただし一度にたくさんの毛を引き抜くのでレーザー式より痛みが強いです。

毛穴への刺激が強いため痛みに弱い人は避けましょう。

超音波式

超音波式は毛に高周波を流して毛根を熱処理します。超音波のメリットは痛みが少なく、凸凹した部位や細かい部位に適しています。痛みに弱い人におすすめの脱毛方式です。ただしお手入れに時間がかかるのがデメリットです。

サーミコン式って何?

熱線の熱で毛をカットする方式がサーミコン式。カミソリと同じように毛をカットします。肌に直接触れず除毛できるため、敏感肌の人に使いやすいです。毛をカットするため、処理後のチクチクした感じが少ないです。除毛効果は一時的なためケアの頻度が増えてしまうのがサーミコン式のデメリット。

使いやすさ

家庭用脱毛器を選ぶ時、使いやすさに注目しましょう。使いづらい脱毛器を選ぶと長く続けられなくなります。使いやすさのポイントは以下の通りです。

  • 形状
  • 大きさ
  • コードの有無
  • 連射照射モード

形状

家庭用脱毛器を選ぶ時は形状に注目しましょう。家庭用脱毛器は続けて何回も使います。ストレスなく使うためにも、自分にとって持ちやすい形状を選んでください。ショットガンタイプであれば持ち手があるため、初心者の人にとって持ちやすくおすすめです。

大きさ

使いやすい家庭用脱毛器を選ぶ上で大きさは大事。大きすぎる脱毛器を選ぶと持ち運びが大変になりケアを続けにくいです。

ケアをする時、家族やパートナーがいない別室でするなら、コンパクトなサイズを選びましょう。コンパクトなサイズを選ぶと持ち運びが手軽になり外泊先でも使用できます。

コードの有無

コードの有無は使いやすさに注目する時に大事なポイント。家族やパートナーがいない部屋に移動する時は、コードレスタイプがおすすめです。

コードがあるとコンセントをさす場所でしか脱毛器を使えません。お風呂場や脱衣場で処理したい場合もコードレスタイプがおすすめ。

コードレスタイプはかさばらず持ち運びができるため外泊先で使用しやすいです。

連射照射モード

使いやすい家庭用脱毛器を選ぶ時、連続照射モードがあるかを確認しましょう。脱毛器は光を利用すると、一度照射してから次に照射するまでチャージタイムが必要。

連続照射モードがあれば、照射の間隔が短くスピーディーに使用できます。広い範囲を脱毛する時は、連続照射モードがある脱毛器を選びましょう。

照射ごとに何度もスイッチを押す必要がないため、スムーズに処理ができます。

照射面積

照射面積は家庭用脱毛器を選ぶ時の大事なポイント。光を照射できる範囲は製品によって異なります。

脚や背中
広範囲な部位をスピーディーにケアできる脱毛器がおすすめ
顔やビキニ用
ピンポイントに使用できて、部位専用のカートリッジが付属した脱毛器がおすすめ

使用部位に合ったタイプを選ぶと効率的にケアができます。

冷却機能

家庭用脱毛器を選ぶ時に冷却機能の有無を確認しましょう。照射の熱や痛みを軽くするために、照射部位を冷やすと効果的です。

冷却機能がある脱毛器を選べば、冷却剤などを準備する手間が省けます。時短になるとケアを続けやすくなります。

照射レベル

照射レベルの調節は家庭用脱毛器を選ぶポイントです。照射レベルの調節ができると痛みを軽くできます。

光を利用する脱毛器はメラニン色素に反応します。濃い毛や毛量が多い部位に照射すると痛みが強くなりがちです。

照射レベル調節機能があれば毛の濃さや量によって自分で調節できます。痛みが弱い方におすすめです。

脱毛したい部位に使えるか

家庭用脱毛器を選ぶ前に脱毛したい部位に使えるかを確認しましょう。ケアする部位によって製品の特徴が変わります。以下を参考にして処理をしたい部位に合わせた脱毛器を選びましょう。

ボディ用
顔や背中など広範囲の部位をスピーディーにケアができる
顔用
顔専用のカートリッジで肌に優しいケアができる
ビキニ用
安心設計のカートリッジで安全にケアができる

顔などの繊細な部位にボディ用の脱毛器を使用すると肌への刺激が強い可能性があります。自分がケアしたい部位に対応している脱毛器を選びましょう。

顔やVIOゾーンに使える?

顔やVIOゾーンの肌はデリケートなため、脱毛器によって使用できない場合があります。ボディ用の脱毛器で顔やVIOゾーンのケアを行うと、肌を傷つける危険性があります。脱毛器を購入する前に公式サイトで顔やVIOゾーンに使用できるかを確認しましょう。

ランニングコスト

ランニングコストは家庭用脱毛器を選ぶ時に注目しましょう。光を使った脱毛器は照射回数を使い切れば本体を買い替えるタイプがあります。

カートリッジを交換できるタイプは本体を繰り返し使用可能。カートリッジ交換のコストはかかりますが、本体を買うよりコストを抑えられる場合があります。

製品によって美肌ケアができるカートリッジがあるため自分に合ったタイプを選べます。

アフターフォロー

家庭用脱毛器を選ぶ時は機能だけでなくアフターフォローも重要。購入してすぐ初期不良や故障などのトラブルの可能性があるためです。

修理や交換のアフターフォローを受けられる脱毛器であればトラブルが起きても安心です。購入後にトラブルが起きて後悔しないために、保証の期間や内容を確認しましょう。

海外製品は大丈夫?

家庭用脱毛器は信頼できるメーカーの製品を選びましょう。性能の良くない製品を選ぶとすぐに故障したり、皮膚トラブルを起こしたりする可能性があります。海外製品を選ぶ時は販売実績や口コミサイトを確認してから、安全な製品を選びましょう。

おすすめの部位別脱毛器

部位別におすすめの脱毛器の特徴を紹介します。

  • VIO:冷却機能付き
  • 顔:軽くて持ちやすい
  • 脇:ヘッドが脇に合った形状
  • ヒゲ:照射レベル調節機能付き

VIOは冷却機能付き

VIOは冷却機能付きの家庭用脱毛器がおすすめです。VIOはデリケートな部位で痛みを感じやすい部位です。

冷やすと痛みを感じる神経の活動を抑えて、痛みを和らげます。VIOの痛みを緩和するためには、冷却機能付きの家庭用脱毛器を検討しましょう。

顔は軽くて持ちやすい

顔の毛をケアしたい時は、軽い家庭用脱毛器が適しています。顔は高い位置にあるため、重い家庭用脱毛器を使用すると腕が疲れるからです。家庭用脱毛器は続けて何回も使うため、軽いタイプがおすすめ。連続照射機能があればスピーディーに照射できるので、負担が軽くなります。

脇はヘッドが脇に合った形状

家庭用脱毛器のヘッドが脇に合った形状がおすすめです。脇は腕や足に比べて複雑な形状をしているため、打ち漏れしやすいです。

脇の打ち漏れを防ぐためには、ヘッドが脇の形状に合った家庭用脱毛器を選びましょう。

ヒゲは照射レベル調節機能付き

照射レベル調節機能がある家庭用脱毛器はヒゲのケアに適しています。男性の毛は女性に比べて太く濃いため、多くの照射回数が必要です。照射レベル調節機能があれば、ヒゲの濃さや量によって自分で調節できます。

エステの脱毛と効果は同じ?

エステの脱毛と家庭用脱毛器の効果は異なります。トラブル予防のために、家庭用脱毛器の出力は低く設定。業務用の脱毛器は出力パワーが強いため、セルフで使用するとトラブルが起きる可能性があります。出力が低い家庭用脱毛器は、エステ同様の効果が得られにくいです。

家庭用脱毛器は自宅でできる脱毛アイテム

家庭用脱毛器は自宅でできる便利な脱毛アイテムです。

毛にダメージを与えて生えてくるスピードを遅らせます。ローラーで毛を挟んで抜く方式もあります。

自宅でいつでも気軽にケアができることがメリット。脱毛サロンに通う時間がない人やコストをかけたくない人におすすめです。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

家庭用脱毛器で永久脱毛はできません。「医療脱毛」をクリニックで受けるのが永久脱毛です。家庭用脱毛器は毛の成長を遅らせて一時的に目立たなくする道具です。永久脱毛を希望している人は医療脱毛を行うクリニックへ受診しましょう。

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットは以下の通りです。デメリットを知った上で購入すると失敗を防げるため、参考にしてください。

  • 手が届かない部位の手入れができない
  • 火傷のリスクがある
  • 肌へのダメージがある

手が届かない部位の手入れができない

手が届かない部位の手入れができないのが、家庭用脱毛器のデメリット。背中は手が届かないため十分にケアができません。

背中のケアをしっかりしたい人は家族に手伝ってもらうことも一つの方法です。背中以外の部位のケアや家族ができない時は脱毛サロンのケアを検討しましょう。

火傷のリスクがある

家庭用脱毛器は火傷のリスクがあるのがデメリット。光や熱を利用してケアをするため火傷の危険性があります火傷が起きる原因は以下の通りです。

  • 出力が強すぎる
  • 日焼けをしている

出力が強すぎると火傷が起きやすいです。初めて使う時は出力を1番弱くしてから使用して、問題がなければ徐々に出力を上げましょう。

脱毛器のレーザーはメラニン色素に反応して照射。照射した時に発生する熱が毛の組織にダメージを与えます。日焼けした肌はメラニン色素が多いため発生する熱が増えてしまい火傷が起きます。

日焼けをしている時はケアを避けましょう。

肌へのダメージがある

家庭用脱毛器を使うと肌にダメージが起きる場合があります。

レーザー式とフラッシュ式の脱毛器は光を照射してケアをする方法。光の熱で肌が赤くなる場合があります。毛を挟み込み引き抜くローラー式は毛穴への刺激が強く、敏感肌の人は肌荒れを起こす可能性があります。

肌トラブルを予防するために脱毛器を使った後は保湿を行い肌のケアが必要です。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器には以下のようなメリットがあります。

  • 家で手軽にできる
  • 自分で出力レベルを調節できる
  • 脱毛サロンより価格が安い

家で手軽にできる

家で手軽にケアができるのが家庭用脱毛器のメリット。使用頻度を守れば、ライフスタイルに合わせていつでも家でケアが可能です。

脱毛サロンが近くにない場合があります。遠方であれば通うだけで一苦労です。仕事や家庭が忙しいために脱毛サロンへ行けない場合もあります。

定期的に脱毛サロンへ通えない人に家庭用脱毛器はおすすめです。

剛毛でも変化は実感できる?

剛毛でも家庭用脱毛器は減毛や除毛をサポートします。家庭用脱毛器は継続して使用すると、毛根を弱らせます。個人差はありますが、変化を実感するため3ヶ月程度は使用を続けましょう。

自分で出力レベルを調節できる

家庭用脱毛器のメリットの一つが自分で出力レベルを調整できること。

毛の濃さや量によって自分で出力レベルを調節できます。出力レベルを調節できれば痛みを軽くできます。

家庭用脱毛器は病院や脱毛サロンの痛みが心配な人におすすめです。

脱毛サロンより価格が安い

脱毛サロンより価格が安いのが家庭用脱毛器のメリット。脱毛サロン、医療脱毛、家庭用脱毛器の相場は以下の通りです。

  • 脱毛サロン(全身6回):約10万前後
  • 医療脱毛(全身5回):約20〜40万
  • 家庭用脱毛器:約5〜10万

脱毛サロンや医療脱毛に比べると家庭用脱毛器はコストが低いです。できるだけコストを抑えたい人は家庭用脱毛器を検討しましょう。

どれぐらい使うと効果が出る?

家庭用脱毛器を2〜3ヶ月使用すると効果を実感する場合があります。ただし脱毛効果は機種の照射威力、毛の濃さや量によって3ヶ月以上になることがあります。早く効果を実感したいと思って、使用頻度を増やさないようにしましょう。皮膚トラブルが起きる可能性があります。

家庭用脱毛器がおすすめな人

家庭用脱毛器がおすすめな人は以下の通りです。

  • コストを抑えたい
  • 自宅で自分のペースで脱毛したい
  • 他人にムダ毛を処理してもらうのは恥ずかしい

コストを抑えたい

脱毛ケアのコストを抑えたい人は家庭用脱毛器をおすすめします。脱毛サロンや医療脱毛に比べると家庭用脱毛器の方がコストを抑えられます。

脱毛サロン、医療脱毛、家庭用脱毛器の相場は以下の通りです。

  • 脱毛サロン(全身6回):約10万前後
  • 医療脱毛(全身5回):約20〜40万
  • 家庭用脱毛器:約5〜10万

家庭用脱毛器は高くて10万程度で買えるので経済的です。

自宅で自分のペースで脱毛したい

家庭用脱毛器をおすすめできる人は自宅で自分のペースで脱毛したい人です。

クリニックや脱毛サロンは予約して通う必要があります。家庭や仕事が忙しくて通えない場合もあります。

忙しい生活の中で空いた時間にケアをしたい人に家庭用脱毛器はおすすめです。

他人にムダ毛を処理してもらうのは恥ずかしい

他人にムダ毛を処理してもらうのが恥ずかしい人は家庭脱毛器がおすすめです。

家庭脱毛器を使えばムダ毛を見られる心配がありません。家族がいない時や誰もいない部屋でケアができます。

VIOのようなデリケートな部分に対応した製品もあるので、一人でケアをしたい人におすすめです。

子供に使用できる?

子供への家庭用脱毛器の使用はおすすめできません。成長期の子供は肌が弱く、家庭用脱毛器の刺激が強い可能性があります。家庭用脱毛器は大人向けに作られている製品が多いため、成長期にある子供への使用は推奨されていません。

家庭用脱毛器のおすすめの使い方

家庭用脱毛器のおすすめの使い方は以下の通りです。間違った使い方をして皮膚トラブルを起こさないために参考にしてください。

  • 使用前日は使用部位のムダ毛を処理
  • 照射頻度や出力は説明書通りに行う
  • ケアしたい部位と照射面を水平に当てる
  • 脱毛後はクーリングと保湿
  • ほくろがある部分は使用を避ける
  • 脱毛する日をスケジューリングする

使用前日は使用部位のムダ毛を処理

家庭用脱毛器を使用する前日は使用部位のムダ毛を処理しましょう。脱毛器のレーザーはメラニン色素に反応して照射します。メラニン色素が多いとレーザーが過剰反応して火傷を起こす恐れがあります。

ムダ毛を処理をした後は肌が敏感になっているため、前日の処理がおすすめ。ムダ毛を処理する時は、できるだけ電気シェーバーを使いましょう。カミソリを使うと皮膚に直接カミソリの刃が当たるため、肌を傷つける恐れがあります。

カミソリしかない場合はシェービングクリームや石鹸を塗って肌のダメージを少なくしましょう。

照射頻度や出力は説明書通りに行う

照射頻度や出力は説明書通りに行うことが大事。照射は肌に刺激を与えているためです。

部位によって決められた出力で行わないと皮膚トラブルが起きる可能性があります。初めは1番弱い出力で試して、痛みを感じる手前の出力で照射することがおすすめ。

照射頻度を増やしても効果を早く実感しません。火傷や肌荒れを予防するために照射頻度や出力は説明書通りに行いましょう。

ケアしたい部位と照射面を水平に当てる

家庭用脱毛器を使用する時は、ケアしたい部位と照射面を水平に当てましょう。家庭用脱毛器は光を照射することで、効果を発揮できます。

照射面をケアしたい部位に当てるためには、部位に合わせたカートリッジを選ぶのが大事です。

敏感肌の人は出力を低く設定

敏感肌の人が家庭用脱毛器を使う時は照射の出力を低く設定しましょう。肌に光を照射するため、敏感肌の人にとっては刺激が強い場合があります。刺激を最小限にするために、照射レベルが調節できる家庭用脱毛器がおすすめです。

脱毛後は保湿とクーリング

脱毛後は皮膚トラブルを予防するために以下のケアが必要です。

  • 保湿
  • クーリング

保湿

脱毛後は保湿が重要です。脱毛後の肌は炎症を起こしやすくなっているためです。保湿を行うと肌のバリア機能が保たれ肌荒れを予防。

保湿をしっかりすると肌が柔らかくなり、皮膚に埋もれている毛が表面に出やすくなります。次回の脱毛ケアの効果が出やすくなります。

ヒアルロン酸やセラミドなど保湿力が高い成分が含まれたクリームで、しっかりと保湿しましょう。

クーリング

脱毛後はクーリングが必要です。照射すると熱が発生するため、日焼けをしたような火照りを感じる場合があります。火照りを抑えるためにクーリングは効果的です。しかしクーリングを行う時は以下の注意点があります。

  • 水を濡らした清潔なタオルを使う
  • 冷やしすぎない
  • 冷やすのは5分程度にする

脱毛後の皮膚はデリケートです。肌荒れを予防するために清潔なタオルを使いましょう。冷やしすぎると毛根のダメージが回復する可能性があります。冷やしすぎないように注意する必要があります。

どれぐらいの使用頻度で家庭用脱毛器を使う?

使用頻度は機種によって異なりますが、2週間以上空けての使用を推奨している場合が多いです。毛が薄くなる効果が実感できたら、肌の負担を減らすために1ヶ月に1回など使用頻度を減らすこともおすすめ。皮膚トラブルを防ぐためにメーカーが推奨する使用頻度を守りましょう。

ほくろがある部分は使用を避ける

家庭用脱毛器を使用する時は、ほくろがある部分の使用を避けましょう。家庭用脱毛器は黒いメラニン色素に反応して光を照射。ほくろの黒い部分に反応して、痛みを感じたり火傷したりする恐れがあります。ほくろの部分を避けるか、白いシールかコンシーラーで隠して照射するのがおすすめです。

脱毛する日をスケジューリングする

脱毛する日をスケジューリングするのが、家庭用脱毛器を使うポイントです。家庭用脱毛器は毎日使うものではなく、2週間に1回程度使用します。

家庭用脱毛器によるケアは習慣化しづらく、忘れてしまうことも。個人差はありますが、使い続けることで変化を実感できます。カレンダーアプリなどでスケジューリングして忘れないようにしましょう。